蒼天の落し物

2006年07月18日

グライダア

木漏れ陽が風を受けて揺れている
手かざした先の太陽は、柔らかく微笑んでいるかのようだ
期待に胸が、ドンドン膨らんできた

早みゆく足並みに、早くも手の中のグライダアが
グライダアの翼が空気抵抗の中で踊っている
その手応えが あまりにも愉快で
愉快でたまらなくて走り着いた河原

背高い緑が広々となびいている
キラリ、キラリと光放ちながら

さあ、君の出番だ

手放ったグライダアは、それはそれは素晴らしく
素晴らしく素晴らしい滑空を続け、
やがて遥に浮かぶ雲目掛けて滑空し続け始めた

揺れる翼とグライダア・・・

今、君は飛んでいる
消え行くために飛んでいる

翼は飛ぶためにあったのか
翼は消え行くためにあったのか

分からぬままに陽は傾き、土手の風を受けながら
グライダアは翼なのか翼がグライダアなのか
翼のないグライダアは何処に向かうのだろう、と考え続けた

そして気付いた時には夕陽に向かい、
きっと、それはそれは見えぬほど小さいに違いない自分の後姿を想い浮かべながら
何か愉快な気分で空気抵抗の中を進んで行った

2006年07月14日

指輪の中

久し振りに、その駅を過ぎた。
 何年・・・いや何十年になるのかな・・・
そんな想いで、つい視線を走らす自分に苦笑が絶えない。
数分後、よくよく考えてみたら、
「今、目の前を素通りされても分かりゃぁ〜しねぇんじゃねぇか?」
と想ったら、余りに滑稽で涙腺が緩んでしまった。
悲しい・・・とかいうのとは違う。
ただただ、涙腺が緩んだだけ。続き、こちらにおります

2006年07月07日

慟哭の背中

お前の考えてることなど分からいでか
 お前は、俺に よく似てる

ぶっきらぼうな その言葉に一葉の写真が透ける
続き、こちらにおります

2006年07月03日

紫煙の向こう側

自販機の前に立ち眺めると珍しいパッケージが目に入った。
キャメル色のソフトケースには、斜文字で「Captain Black」と刻まれている。
併せて「SWEETS」という装飾文字。続き、こちらにおります

2006年07月02日

丘の上では目を閉じて

強く握り過ぎたから 私の指先は少し痺れて
だのに彼方は振り返りもせず息を切らせ
丘に行こう、素敵な丘に!
続き、こちらにおります

2006年07月01日

愛しています、今でも

連なり たゆたう 木陰
光 滑らかにして煌めき

時同じくして 好むままに綾織り
好むままにして 流れ同じくし

岩を撫で うおを愛で
冷たく仲間を増やし 穢れた仲間を加え

時に仲間を蒼天に召し上げられ
時に仲間を地深く引き込まれ

何処へ 何処へ 何処へ・・・

皆で問い合い続けているのに
こんなに永く問い合い続けているのに

誰も答えを知らない
誰も答えを見つけられない

今日もまた 木陰は揺れている
今日もまた 光は煌めいている

2006年06月23日

天川

満月浮かぶ 濃紺に霞川
笹舟 浮かべて乗りましょう
続き、こちらにおります

2006年03月01日

銀河マティニ

扉が重いのは何も高級素材を使っているからとは限らない。
蝶番が古くなれば、それだけで重くもなる。
扉の上で捲り返った薄板がプランプラン。
デザインに凝った取っ手もメッキは剥げる。続き、こちらにおります

2006年02月09日

眩い朝陽に立ち昇る雲霞にも無関係に
 天の大方は無限の視野を広げている

その先に何があるのか
 人は気になって仕方なく
  飽くなき追求をし続けています

雲は水塵の集まりなのですね
 星は遠くにある太陽なのですね
  いずれ太陽もなくなるのですね

それでも今は、ほら
 ぽっかり奇麗に浮かんでいるではありませんか
  気をつけないと見失ってしまいます

蒼天の月は
 それは何故

2005年01月01日

元旦記

旧年の悔いを省み、幸に感謝す

焚火の暖に集い人の、よろず祈念を通ず門が
天空の一点に向い、開く

極東の年始に元旦あり

師、走り旧年を忘れた音声は
我が行き先を地に探らむ

人中にありて足跡を知らざる柔らかき白氷は
覚えなき陽光を撥ね返すも
僅かな穢れに徐々に姿を変え、
あるいは子供の遊び相手となりて人形を模す

風ありて上ぐる凧糸は指を食い
髪、さやとせぬままに天馬と化して駆け巡り

嬌声とともに放られ、地軸に逆らう独楽は
地心に届けと屹立回転す

粛と華やかな衣を纏う恥らい女の
目出度き酒に高吟す益荒男の

神ならんものあるならば
幸満ちる日巡り記を、今こそ祝えよ歌えよ
平穏の内に

2004年12月24日

裏返りジグゾー

夕焼けの写真と朝焼けの写真
仮に知らない場所の 二枚を並べられたら
私は区別がつかないだろう

なのに夕暮れ時には フと寂しさを感じてしまう
何が寂しいのかも分からずに 寂しくなってしまいます

稀にしか見ない朝焼け時には ハタとヤル気に満ちてしまう
何がやりたいのかも分からずに ファイトに溢れてしまいます

子供の頃は 夜は魑魅魍魎が出る不思議なあやかしの闇にドキドキし
学生時代は 夜は男女入り乱れての乱痴気騒ぎに春を謳歌し
きっと 夕暮れ時は寂しいばかりではなかったはずなのに

子供の頃は 行きたくもない学校のことを考えては駄々をコネ
学生時代は 惚けた快感が虚しさに変わっていくのに情けなくなり
きっと 朝日が昇るとて 嬉しいことばかりではなかったはずなのに

同じ一葉の写真の表裏 なぜにこうも違うのだろうか
そこには 忘却の彼方に葬られた記憶が宿って
想い出せと叫んでいるかのようだ

全てを面白おかしく過ごすだけが人生とは想わない
それでもやはり、パズルの裏表を引っ繰り返したくなることがある
明るい燦々たる陽射しに いつでも包まれたいと想うことがある

眉間にシワ寄せるために生きているのではない
そう叫びたくなることがあるのだ

私は叫び続けよう 大声で叫び続けよう
パズルが面白おかしく組み立てられるように

2004年12月22日

恋に遠く、友に遠く

都心から、一時間もかからない駅に借りたアパート。
ピカピカの新しさはなくても 嬉しくワクワクするものだ。
そのワクワクは、今でも胸に蘇る。

1DKは、新しい二人には丁度良い。
どこにいても 互いの息遣いが聴こえる。
一人でいても、君の香りがする。

腰が落ち着いた新居の周囲は 自転車で巡るに相応しく、
色鮮やかな人模様、家族模様に幼目を魅かれたものだ。

探検好きな君が見つけた 駅から離れた居酒屋は、
田舎には珍しいほど手狭だったものだ。

小奇麗な店内に夫婦が忙しく立ち回り、
冷えたビールがケースから粛々と旅立っていた。

あの時を今でも覚えているだろうか?
カウンター向こうのマスターに想い想いのものを頼み、
ニコニコと過ごすのが何よりも楽しかった週末。

隣席の君は、恋を語るには遠く、友情を語るにも遠く。
遠く離れているはずの君が、なによりも近しい人に想えたものだよ。

あのカウンターの席の間には、
不思議ななにかがあったのかも知れない。
今でも、こうしてあるように。

2004年12月19日

し綴り人の語らい

濁雨の土砂降る日も
旱陽の照る日も
隙間風の凍える日も
白塗雪の積もる日も

 ガツン、ガツン

グイ飲みウヰスキに胃を焼き
咥え煙草に喉を嗄らし
錆びひしゃげたシヤベルを握り

 ガツン、ガツン

掘り出さんものも知らず
掘り方も教わることなく
穴中に響く嘲笑に身を震わせられて
赤い?血にまみれた手で握り締めて

 ガツン、ガツン

これカと想って地上に放れば
いらぬと頭に投げつけ返され
何を掘れば良いかと訊けば
お前が自分で考えろと謂れ

他でも掘ろうかと想えば
青白い大地は呪いを吐きかけ
掘っても良いかと訊けば
勝手なことをするなと謂れ

掘っても無駄だと想い
放られてたシヤベルは不機嫌に黙り
止めても良いかと訊けば
出来るならするが良いと謂れ

 ガツン、ガツン

 ガツン、ガツン

響く歓声をコソリ覗こうとしても
マ暗な穴に慣れた目は何処とも見えず
風に呆けた口を砂利一杯にされて嘲られ
耳鳴る何を掘っている?に脳髄を満たされる

 ガツン、ガツン

 ガツ、ガツ、ガッツン

掘り疲れて這い出せば
ポゥッと座する名無しの群れ
たれぞ、お前どうだと問えば
みな同顔で天を仰ぐ

空も稀には星をまたたかせるので
ホウッと座すれば立つ気も失せるが
何を掘っているのかと問えば
みな同顔で目を丸くするばかり

シンシンと凍る星々に心打たれて見とれていても
やはりどこかで響いている

 ガツン、ガツン

 ガツ、ガツ、ガッツン

 ガツン、ガツン

 ガツ、ガツ、ガッツン

掘ってる音に惚れてるだけかと想うのだが
そんな人間になる化け魔法を
もしや私は迂闊にも?

 ガツン、ガツン

 ガツ、ガツ、ガッツン

 ガツン、ガツン

偽物主義

2004年12月17日

昼の星 夜の太陽

昼日中に青空を見ながら、君は問う。
「星ってあるの?」続き、こちらにおります

2004年12月14日

海底20000メトル

赤道直下に風は吹く。
柔らかい風が吹く。続き、こちらにおります

カラノ手

ふわりふわりが漂っているのに。
ぽわんぽわんが漂っているのに。続き、こちらにおります

2004年12月07日

過去化粧

ふと振り返ると 過去は恥らう乙女の如く
淡い化粧を施して 夢泡沫に思い出され
さて、とよく見るだに うつむきつつ白粉濃く
さてさて、と見るだに 一色に続き、こちらにおります

ある故郷

照る日に蒸された空気が むぅ〜んと迫る。
咳き込むほどの稲風が立ち昇る。続き、こちらにおります

2004年12月04日

冬の二度寝

ムゥ〜ンと目が覚めかけたが
今日は日曜日では なかったか?
続き、こちらにおります

2004年11月28日

亜麻色の夢

土曜だというのに朝も早くから目が覚めてしまった。
今でも、年に何回か見る、あの夢のせいだ。
女房には言ったことはないし、これからも言うことはないだろう。
続き、こちらにおります