2006年07月10日

サラバと笑顔で立ち去りたいから

彼は言葉を拒否した。
コメントさせて頂いた回廊さんのブログの一節。

予め丈さん、貴方が気になさるようなことは一切ないです。
個人的な、あまりに個人的なことなのです。

「パラレル・ワールド」というのがありましたね。
世界が、実は二つ存在するとかいうのでしたっけ?

「言葉」の周囲には、そんな「パラレル・ワールド」があります。
こちらからすれば「あっちの世界」でしょうか。
あっちには、言葉、ないですからね。

言葉を拒否してるわけじゃないんだと想いますけど。
言葉を使ったら「こっちの世界」のことを語ってるか、こっちの世界から眺めてるだけになっちゃうんでしょうね。
そんなことを考えてたらパラレル・ワールドみたいなもんなのかな、と。

もう少し、時間掛かるだろうと想ってたんです。
私、才能ないし不器用過ぎるくらい不器用だから。
でも、回廊さんの言葉を目にして、つい先日のことが重ね合ってしまって。
もしかしたら、そう遠い時期ではないかもしれないのかな、てなことを。
そう想ったら、そんな時期が来るのに延々と時間が掛かったりしてね、アハハ・・・

突然なんだと想うんですよ、その時が来るとしたら。
なんで、今、可愛がって下さった皆さんにご挨拶だけでも、と。
有難う御座います、ホントに。
チッとは苦しいときもありましたけど、振り返れば好き放題、楽しませて頂いて。

私は饒舌に過ぎるんですね。
黙ってても饒舌。
でも、それじゃぁ、ダメなんだろうな。
戻って来れなくなるわけでもないんですよ、多分(笑)。
ただ、この饒舌癖を律しておかないと、という程度のことなのかな?分からないや。
分かってたら、こんなの書かないですしね。

だから、こうして書くことすら別に構わんかもしれなくて。
今まで通り、いつまでも居座ってるかもしれないんです。
後で「俺、ホント、馬鹿だなぁ、大袈裟過ぎました。すいません!!」なんて。

その時が来たとしても自分で選んで進むんだから、こんなの単なる未練ですよね、ホント。
も少し器用なら、こんな未練すら感じることなくこなせるんだろうなぁ。
まぁ他人の人生を生きるわけにはいかねぇから、しょうがねぇんですけどね(笑)。

でも、本当にグッバイしなくちゃいけない時が来るかもしれないんで。
今のうちに。
そん時が来るまでは、今までとおんなじですから、宜しくお願いします。
なんか、それだけは書いておきたくて。

まっく記 at 21:17 記事全文

my imitative nude | 書く