2006年03月09日

「こころ」と「友情」の想ひ出

小学校中・高学年時の担任は非常に変わった人であった。
教育に熱意はあったのだろうが、後年になってつぶさに想い出すと、
その「熱意」は、ある種の歪んだ心根から出ていたように想う。

小学校の教室というのは恐ろしく閉鎖的な空間である。
私は、自分を至極、素直な方だと想っているが、
カリスマを自己演出して気付かない彼と長く温和な時間を過ごすことは当然に出来なかった。

しかし、変わった教育の中にも後年になれば、
「あれも勉強であったな」
と想える事も多いのは不思議なことである。

確か小学校五年生の頃であったかと想う。
何を想ったか、かの教師、「こころ(夏目漱石)」と「友情(武者小路実篤)」を読んで較べよ、と言い出した。
私立学校などではない、公立、それもバリバリの田舎の町立小学校で、だ。
「友情」なら「読める」ものもいようが、「こころ」である。

が、かかる教師には泣き言を言っているような者は立ち向かうことは出来ぬ。
とは無関係であるが、そんなものかと想い、ふぅふぅ言いながら両作を読んだ記憶がある。
今では「K先生?」というくらいに怪しい記憶の彼方であるが。
確かに一見すれば舞台設定は似ている。
けれど、その底辺に流れるものが違うことくらいは「読めなくても」分かる。
分かるが言葉には出来ない。

私の文学作品に対する評の言辞の拙さの一因は、この時の経験も大きく響いているかもしれない。
言葉には現せないが、私は「こころ」を甚く気に入ったし、
その後、漱石の各作品を初めとして「読めない」ままにむさぼり「読んだ」。

出てくる単語自体、一ページ毎に何十と分からぬものがある本を、読んだ。
ただ、ただ、読むばかり、という読み方である。
そして、色々なことを感じた。
人間のおかしみも、悲しさや寂しさも、色々な言葉で表現出来るが表現し得ない様々なことを感じ続けた。

今「両作品を比較せよ」とお題を出されたら、それなりのことを書けてしまうかもしれない。
しかし、それは「私の読み方」ではないような気がする。

そのような読み方が少し変わったものであるらしいことに気付いたのは、相当の後年に至ってからである。
きっと私は、書かれてる一切を全く理解して読んではいない。
理解せずに、理解しようとすらせずに読んでいるに違いない。

そんな読み方をしてきて残念なのは、評論を交わすということが出来ないことである。
しかし一方で「自分色の本」が読める楽しみが、そこにはある。
この楽しみは誰にも奪われることがない。

とはいえ、やはり公立小学校で夏目漱石の「こころ」を読ませるのは、少し考えても良いのではないか、と想う。

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by kairou   2006年03月10日 14:50
こんにちは♪

>けれど、その底辺に流れるものが違うことくらいは「読めなくても」分かる。

きっと、文章の、向こうがわを見つめていらっしゃるのでしょうね…。
私はむしろ、まっくさん式の読み方のほうが、正解だと思っていて、このことは、Doorsの記事にも書きましたが、理解してもらえないようです(汗)んー、まぁいいや。たかが小説だ(笑)

小学生に、漱石や武者小路は難しいでしょうねぇ。ほとんど外国語でしょうか。それを読ませるとなると、またPTAが…。でも面白いかもしれないですよね。ハリポタや赤川次郎(漢字合ってるかな)に汚染される前に、いきなり本物にかぶりつく、っていうのは、豪華です。
2. Posted by 回廊   2006年04月04日 18:51
こんばんは、まっくさん、お元気ですか?
回廊、やはり、気が短いです。ホリエモン時代は、あまり感じなかったのですが、ブログが重いと、更新する気がなくなってしまい、使い勝手のよいFC2へと、かるく移動してしまいました。嗚呼、ホリエモン、あんたは、どうして…、私って、ほんと男を見る目がない…(涙)kairou-9は、消さずに残しておきます。

季節の変わり目です。
そうぞお体を大事になさって、お仕事がんばってください♪
では、またお邪魔します。
3. Posted by 綾見由宇也   2006年05月13日 08:21
まっくさん、お元気ですか?・・・あなたの再復活を待ち焦がれております。綾見由宇也
4. Posted by まっく   2006年06月07日 13:24
kairouさん、綾見さん、こんにちは&ご無沙汰です(汗)

>小学生に、漱石や武者小路・・・
それが普通だと想ってましたから抵抗もなく(笑)。
「読む」という作業とは一体なんなのか?
私にとっては非常にあゃしぃ作業です(苦笑)。

p.s.
LD重いですねぇ・・・(涙)
面倒だけど、引越し検討する必要があるかもですたぃ・・・
5. Posted by 綾見由宇也   2006年06月07日 15:45
いやあ、待ちました!!!、さてまっくさん、ならばFC2かgooにいらっしゃい(笑)。こちらはかなり快適ですよ。その際は必ずブックマーク致しますので。綾見由宇也
6. Posted by まっく   2006年06月07日 17:32
綾見さま、こんにちは。
FC2はIDを持っておりますので、面倒と想わねば・・・(苦笑)。
いずれ、少々、考えねばいけないようです。

p.s.
美城丈二さまのブログ、少し拝読致しました。
風さまかと想いつつ読み進めておりましたが、ご友人なのですね。
風さまか、他の方かしらと想いつつコメントまでしてから気付きました(汗)。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔