2006年02月28日

更ナ日記

朽葉とて 踏み砕かれるとは よも想わじに

解題)
作者が歩いている最中に踏み砕いた朽葉も、青々と茂っていた頃には、このような身にやつすとは想わなかっただろうに、との意。
参考:恋せよ乙女、花の命は短くて

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔