2005年01月17日

参った(感謝編)

本当に拙い小説とも言えぬ文を書き、勝手に反省文。
にも関わらず成冨ミヲリさん回廊さん風さんと、錚々たる方々に一文を御寄せ頂き、ひたすら感謝です。

この場にて・・・
☆ミヲリさん、群像2月号にて勉強させて頂きます。アマゾンで購入手続き出来ました(笑)!
☆回廊さん、遠慮なく書いて下さい(自滅)。
☆風さん、本職にも関わらず貴重な一文、本当に有難う御座います。しかも育てるかのように暖かい激励を込めて頂いて・・・。容赦ない評論を頂ける域に少しづつ近づけるよう(ポツポツと 苦笑)頑張ります。

こうして一言お寄せ頂けた感激は
何ものにも、本当に何ものにも替え難く
ただただ感謝としか言いようが御座いません
ネットを通じて伝わる皆さんの温もりに
書いて良かったと、やはり感謝です



今宵の感激を、お伝え出来たでしょうか
躊躇っている方の「一歩」のキッカケにでもなれれば
これからもまた、恥を書いていきたいと想います

まっく記 at 23:53 記事全文
コメント(0)TrackBack(0)
書く 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔