2004年12月26日

「脱糞 浣腸」でgoogleトップ

先刻「なぜに、このブログにgoogleから?」と想い、
コレなぞ見て軽くショック。
(今さっき見たらロボットの巡回で外れたランク落ちしたようです 同日21:00追記)

「脱糞と浣腸と」をgoogleさんに拾って頂いた上、
あまつさえ「脱糞 浣腸」でトップの光栄を頂戴しているとは(西暦2004.12.26.)。
その趣味でおいでの方には大変、失礼致しました。
興趣をば、削がなかったことを祈るばかりです。

さてぞ、私自身はそちらの性的嗜好はないとはいえ、
こうして書きものなぞし始めてみると、
ましてや人の言葉まで欲しいと想うとなると、
そこにどれだけの違いがあるのか?
と言われれば言葉にも詰まります。

実際、書きたければ御自由にお書きになるだろうに、
言葉が欲しいなぞという想いを抱えているのは、
まるで浣腸を手にして御尻を捜しているようなものです。

ランボオのような才もて言うのとは訳が違いますが、
こうして書いてみれば、やはり脱糞以外の何ものでもない。
回廊さんが鋭く指摘されるように、生きることを脱糞行為と重ね見れば、
高尚なフリなどバカらしくて出来はしませぬ。

せめてスッキリとしたいもので御座います。

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 回廊   2004年12月26日 22:00
>まるで浣腸を手にして御尻を捜しているようなものです。
ここ、何度読んでも、ひっくり返ります(笑)
まっくさんのブログ面白いですね。そういえばランキング、1位になってました! すごい!
私も、「せめてスッキリしたい」のですが、スッキリしたくない私もいて、困ります(笑)


2. Posted by まっく   2004年12月26日 23:15
こんばんは(^^)
栄光のgoogle1位のショックから立ち直れない、まっくです(笑)。
これで商売したらどうなるのかと想ったり(をぃ)。

>ここ、何度読んでも、ひっくり返ります(笑)
喜んで頂けて光栄に御座います。
ウケ狙いしたわけではないのが悲しかったりして。

ランキングは自力ありの瞬間風速ですから(爆)。
多大なる御愛顧にひたすら感謝です。

も少しまともなのを書ければ、文芸誌への投稿も考えましょうが、難しいですねぇ。
いつか、コッソリ投稿してみようかしらん(笑)。

回廊さんは、御自身がスッキリ書けないと想う
「ソコ」にこそ魅力があるようでもあり厄介そうですね。
いずれ文壇に乗り込む方、産みの苦しみというヤツでしょう(^^)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔