2004年12月23日

社長の血液型

あの風さんが、ここで既に笑っては失礼かと想いつつ笑ってしまいますが、
鋭く文芸家の目を以って「血液型」で見る4タイプの分析を試みられています。

私は血液型には精通などしておりませんが、
やはり多くの人を見ていると、一定の傾向がある事に異を唱える気にはなれません。

元来、私の思考には「現れ」というものが御座いまして、
姓名学から近日、試みた易などまで、
やはりそこには何かしらの「現れ」があると見ています。
その意味では血液型も、むべなるかなと。

ただ一点。
さような「現れ」というは、そもそも姓名や血液型に遡らずとも諸所にあるもの。
「一定の法則」に神を宿したかのような面持ちにて人様を当て嵌めんという考えが気に食わぬ、
というところでしょうか?
(風さんの御遊びのことではありません 為念)
血液型に一喜一憂するよりも、自分を、そして人を深く知る術はありましょう。

さて表題に立ち返りますれば、
血液型鑑定士と化した風さまによりますると
日本の社長で最も多い血液型はO型だそうです。
ズバリ血液型を当てられ、似非社長業を営む身としては、
粛として拝受し奉らんと想います。

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 風 薫   2004年12月23日 20:00
・・・弱りました。ついに私は、血液型鑑定士ですか?(笑)。歴史の裏舞台を覗く間に、あんな感じのコラムを書く、この辺がB型っぽくて良いでしょう?(爆)。
2. Posted by まっく   2004年12月25日 14:58
風さん、こんにちは。
血液型鑑定士協会の会長に御就任されたとか(爆)。
占いというのは本当に興味深いです。
類型化された中に全てが含まれるわけではありませんが、
やはり、そこに現れる一片の「世界」には考えさせられます。
ダーク・サイエンスの解明は、今後に委ねるとして、
楽しき遊びとして嗜んでもおいても良いかもしれませんね(笑)。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔