2004年12月17日

インストー 混]り[乱 ング

文章に限らないのだが、人は多少なりとも見聞するもの、
環境から色々なものをインストールされる。
インストールされたものは、再度、何かの形でアウトプットされ、
さらなるインストールを描いて。

理路整然、矛盾のない一個の構築物。
人は「一つ」でありえるのだろうか?
重層的に現れる混濁した「私」。

もしインストール作業がなければ、
生まれたままの純粋無垢な姿でいられる?
アウトプットしなければ輪廻は回らず?

一つ一つの「自分」に「本物か?」と問い質しても、
皆が同じような虚ろな目で「そうだ」と呟く。
そうして呟いては、ソッポを向いて知らん顔をしている。

何ゆえに一個になれないのかと考え、
畢竟、それは「意思」の問題だと言っても、
「一つ」ということを忘れているのだから手に負えぬ。

それをあなたは「混乱」というか?
確かに混乱しているのかもしれないが、
実際には私の意識などタカがしれていて混濁しているのだよ。

ところで、あなたは一人なのか?

まっく記 at 23:37 記事全文
コメント(0)TrackBack(0)
siteki想論 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔