2004年12月07日

晴れた日には

晴れた日には、
特に夏の盛りを過ぎた秋の晴れた日には、
静かな森の水辺が美しい。

まだ日の光は強過ぎるから、丁度、木漏れ日が。
木漏れ日の具合が、丁度良いのだ。

もう冬もすぐ近くだ。
寒さに弱い私だ。
火燵の中で夢でも見よう。

冬の次には春が来る。
氷河期には、まだ早かろうから。

寒さに凍えるには、もう少し日の光が必要だ。

まっく記 at 22:15 記事全文
コメント(0)TrackBack(0)
スケッチ 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔